多摩川 出目解析

今年も12月15日からSGグランプリが開催されています。
いわゆる『賞金王決定戦』です。
今年最後のSG、誰が優勝するのでしょうか?
エキサイティングなレースを期待しています。
さて今年最後の出目解析は『ボートレース多摩川』です。
多摩川競艇場の特徴
24場一の静水面』と呼ばれ、周りの防風林により風の影響が比較的少ないです。
更に多摩川競艇場は、ホーム側、バック側とも24場の中でも上位の広さを誇ります。
静水面と広さからクセのない水面で走りやすい為、比較的女子戦が多く開催されている競艇場でもあります。

1マークのバック側が108mと広く、どのコースからでも全速で攻めこむことが可能な広さの為、スタートを決めて先手を取ることが非常に重要なコース設計となっています。

スリットで先行して、1マークを全速で攻め込むのが代表的な勝ちパターンです。
なので舟券予想の参考として、スタートの上手な選手。捲りの得意な選手を軸に考えるのが良いと思います。

では以下に3連単の出現出目を掲載します。

ボートレース多摩川 イン1着率は、平均以下
全24場 平均1着率 55.8%

次に
各艇番頭 おすすめ買い目

1頭買目
1-234-234
1-23-56

2頭買目
2-1-3456
2-3-146
2-45-13

3頭買目
3-12-12456
3-4-15

4頭買目
4-1-2356
4-25-1256
4-3-6

5頭買目
5-1-2346
5-26-1
5-23-6

6頭買目
6-1-234
6-3-124

シード番組
1R まつりだone / 原則A級選手2名(1号艇、4号艇)とB級選手4名
1-4-2356
1-235-4
穴 2-1-35

9R ターゲット9 / 原則1号艇にA級選手、2~6号艇にB級選手
1-234-234
1号艇のA級選手を信頼し、買い目を絞り可能なら4点勝負

まとめ:
ボートレース多摩川は、特徴でも説明しましたが静水面で走り易いので、一見インコースが強い気がしますが、インの1着率はワースト級です。
しかしながら5,6コースの1着も、かなり難しくそうそう出現しません。
出現出目は、意外にオーソドックスですが、ややインの1着率が低い程度です。
配当的にはインコースからでも、比較的美味しい配当もあります。
その他出目の特徴は
2-1-*
3-1-*
4-1-*
の様な、2号艇、3号艇、4号艇の1着、2着に1号艇の様な出目も結構出現しています。

ボートレース多摩川は、女子戦の開催も多いので、穴狙いがおすすめです。